StoryNews / STORY / 研究職もテレワーク導入できる? 解決すべき課題と対策方法
2021.6.30

研究職もテレワーク導入できる? 解決すべき課題と対策方法

STORY

新型コロナウイルスの蔓延によってさまざまな業種・職種でテレワークによる新しい働き方が実現していますが、研究職においてはどうでしょうか。

この記事では研究職のテレワーク実施状況、テレワーク導入における課題とその対策方法について紹介します。

研究職でもテレワークは可能?

研究職では機材等を用いた研究が重要な業務となるため、テレワーク導入のハードルは高いように思われます。

しかし実際には、ほかの職種同様に研究職においてもテレワークは広がりを見せています。

たとえば、株式会社富士通研究所(現在は富士通株式会社へ統合)や日本電信電話株式会社(NTT)、三井化学株式会社など数多くの研究職を抱える企業でも、テレワーク導入によって出勤率を1~3割まで減少させる取り組みが報告されています。

このような事例からも、研究職がテレワークを導入することは不可能ではないということが分かるでしょう。

続きを読む

関連記事

STORY

テレワーク関連の補助金・助成金一覧 ~テレワーク導入に必要な準備についても解説

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
STORY NEWS

BIMをリモートで使えるツールで建設業のテレワークを推進 BIMの教育サービスも来年2月開始 

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
スプラッシュトップ中村夏希
STORY BYLINE

【スプラッシュトップ中村夏希】テレワークのセキュリティ戦略<第三回> IDaaSでセキュリティと利便性の向上

中村夏希

中村夏希

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
Okta渡邉崇
STORY BYLINE

【Okta 渡邉崇】アイデンティティ管理がもたらす日本企業のイノベーション

中村夏希

中村夏希

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
スプラッシュトップ 中村夏希
STORY BYLINE

【スプラッシュトップ中村夏希】テレワークのセキュリティ戦略<第二回>ゼロトラスト時代の最適アプローチ 

中村夏希

中村夏希

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社