STORY NEWS / STORY / VPNとは? 仕組みやメリット・デメリット、専用線との違いを解説!
2021.4.14

VPNとは? 仕組みやメリット・デメリット、専用線との違いを解説!

STORY
VPN

新型コロナウイルスの影響により、多くの企業でリモートワークの実施が広まりつつあります。そんななか、安全な拠点間通信のためにVPNを利用している、もしくは検討しているという企業も多いのではないでしょうか。

しかしVPNには、一度に大人数が利用すると速度が低下してうまく接続できなかったり、導入費用が比較的高額になってしまうというデメリットが存在します。さらに、近年ではセキュリティ上の課題も明らかになってきています。

安全なリモートワーク環境を整えるためには、VPNをはじめとする拠点間通信技術の仕組みや自社にあったリモートワーク環境の構築・ツールの選択が必要不可欠です。この記事では、VPNの基礎からVPNに代わるリモートワーク環境の構築ツールについて紹介します。

VPN接続の仕組み・種類

はじめに、VPNの基礎知識として、仕組みや種類を紹介します。

インターネット上に仮想の専用線を作る

VPNとはインターネット上に設置する仮想の専用線のことで、特定の人だけが利用可能な専用のネットワークのことを指します。トンネリング・暗号化などの技術によって強固なセキュリティが構築され、比較的安全に通信が行なえます。

しかし、近年では無料VPNサービスなども登場しており、すべてのVPNに安全性が確保されているとはいえません。VPNの種類や利用するプロトコルによっても安全性は異なってきます。

4つのVPNの種類

VPNは大きく4つの種類に分けられます。それぞれに特徴があるので、利用者数や安全性などの観点から最適なVPNを選択することが重要です。

インターネットVPN

インターネットVPNは既存のインターネット回線を利用していて、4種類のなかで最も安価で手軽に実現できるVPNです。ただし、通信速度や品質は利用するインターネット回線に依存するため、大人数での利用には向いていません

IP-VPN

IP-VPNは、通信事業者が専用に用意している閉域網を利用したVPNです。閉域網はインターネットと異なり、契約者のみが利用できるネットワークを表します。閉ざされたネットワークであることから安全性が高く、通信帯域も確保されていますが、コストは高くなります。

エントリーVPN

エントリーVPNは、ADSLなどの安価なブロードバンド回線と閉域網を利用したVPNです。エントリーVPNはIP-VPNと似ていますが、IP-VPNよりも安価に導入できる点が特徴です。ただし、通信帯域の保証などがないため、通信速度は遅くなる可能性があります。

広域イーサネット

広域イーサネットは、IP-VPNと同様に通信事業者が用意した閉域網を利用しますが、広域イーサネットはより柔軟なネットワーク環境の構築が可能です。VPNだけでなく、拠点間のネットワークを同一拠点内のように利用するLANの構築も行なえます。

一方で、ネットワークの設計に関する専門知識が求められる、回線のコストが高く選択肢が少ない、といったデメリットがあります。

続きを読む

関連記事

STORY

快適なテレワークのシステム環境を構築するために知るべきシステムの種類と注意点!

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
STORY

脱VPNの鍵はゼロトラスト!VPNが抱える課題とその解決方法とは?

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
本間卓哉
STORY BYLINE

【本間卓哉】テレワークのシステムを最適化する方法とは?テレワークを阻む崖を越えろ!

本間卓哉

本間卓哉

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
STORY

リモートデスクトップって何ができるの?仕組みや製品、VDI・VPNとの違いを解説!

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
STORY

VPNは危険?情報漏洩事故から見るセキュリティ対策の重要性と手段

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社