2021.8.16

野村ホールディングスの“証券DX”。投資情報アプリ「FINTOS!」の認証基盤に「Auth0」導入

StoryNews編集部


認証ソリューションを提供するAuth0株式会社(オースゼロ:東京都渋谷区)は8月4日、「野村證券によるメディアウェビナー」をオンラインで開催しました。

当日は、Auth0共同創業者兼CEOのユーヘニオ・ペース氏、同シニアバイスプレジデントのスティーブン・リー・プルマン氏、野村ホールディングス株式会社執行役員で未来共創カンパニー長を務める池田肇氏が登壇。近年増加するサイバー攻撃とID管理の関連性やフィンテックにおけるDXなどについて、各視点からメッセージを発信しました。

セキュリティー、プライバシー、UXのバランス

Auth0は、Webサービスやアプリケーションにおける安全で使いやすい認証認可サービスを提供する企業。2013年にアメリカのワシントン州で創業し、2018年に日本支社が設立されるなど、グローバルに展開しています。

現在、Auth0のサービスには月50億ものログイン件数があります。ところがユーヘニオ氏は「50億のうち30から50%は疑わしいログイン」とし、日々増えているサイバー攻撃に警鐘を鳴らしました。また、新たなテクノロジーやイノベーションの普及によりカスタムアプリが増加したことに触れ「特に2020年は新しいテクノロジーが増えた年だった。私たちは常にアプリケーションに触れている。それだけにIDの管理は非常に難しい。正しく管理しないと、大きなリスクとなってしまう」と述べました。

野村ホールディングス FINTOS Auth0 2

スティーブン氏は日本市場のID管理ついて言及。「DXとAPIファーストのサービス」や「個人情報保護法の改正」などをトレンドに挙げたほか「セキュリティーとプライバシー、ユーザー体験(UX)のバランスが重要」と訴えました。

野村ホールディングス FINTOS Auth0 3

確かに、セキュリティーとプライバシーについては「どこまでを保護するか」などが議論されています。また、セキュリティー強化やプライバシー保護に注力するあまり、UXをおざなりにしてしまうサービスも少なくありません。

スティーブン氏は「Auth0は、開発者がイノベーションに注力できるような仕様。また、金融のような機密性の高いデータを扱う業界でも、安心して管理できるようなソリューションを提供している」と語りました。

口座開設前の顧客アプローチに求められるもの

野村ホールディングス FINTOS Auth0 4

池田氏は、金融サービスのデジタル化とデジタルサービスから金融サービスへの派生が同時に進む時代背景から「実現したい理想の姿と現実のギャップを技術が埋める“証券DX”」を提唱。2021年、野村證券がリリースした投資情報アプリ「FINTOS!(フィントス)」は、まさに証券DXで誕生したサービスと言えるでしょう。

「FINTOS!」は株式投資に有用な情報を厳選して配信するアプリ。ウオッチリストやリサーチレポートといった機能も搭載しています。野村證券は口座開設前の顧客にアプローチが可能な一方、顧客は取引以外のサービスをシームレスで体験することができます。

「本サービスは投資助言業にあたるため、ワンランク上のセキュリティー対策が求められる。自社で認証システムを開発することも検討したが、セキュリティー面のほか、機能性や可用性からAuth0を導入。やはり、デベロッパーが開発しやすいというのも決め手だった」と話しました。

フィンテックサービスは、特にID管理がシビアです。あらゆるサービスを展開する中で、UXも担保しなければなりません。リーディングカンパニーである野村證券のAuth0を活用したDX事例は、金融業界に大きなインパクトを与えています。

関連記事

NEWS

【ベライゾンジャパン】アジア太平洋地域へのサイバー攻撃が拡大。グローバルに展開する日本企業の対策とは?

StoryNews編集部

StoryNews編集部

ベライゾンジャパン合同会社 ベライゾンジャパン合同会社
一般社団法人日本ハッカー協会 理事 上野 宣
STORY INTERVIEW

働き方の多様化を支えるワンランク上のセキュリティ

StoryNews編集部

StoryNews編集部

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
一般社団法人日本ハッカー協会 理事 上野 宣
STORY INTERVIEW

【上野宣 日本ハッカー協会】テレワークで高まるセキュリティリスク、企業は「ゼロトラスト」をどう目指すべきか

StoryNews編集部

StoryNews編集部

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
STORY NEWS

日米共同プロジェクト、日本発のグローバルサービス「HULFT Square」を護る脆弱性管理ソリューション

StoryNews編集部

StoryNews編集部

Snyk株式会社 Snyk株式会社
STORY

多要素認証とは? 高セキュリティを実現する認証方式の基礎知識と二段階認証・二要素認証との違い

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
StoryNews / NEWS / 野村ホールディングスの“証券DX”。投資情報アプリ「FINTOS!」の認証基盤に「Auth0」導入