STORY NEWS / STORY / Wake On LANとは? 遠隔から会社PCの電源をオンにする方法や設定手順を解説!
2021.9.22

Wake On LANとは? 遠隔から会社PCの電源をオンにする方法や設定手順を解説!

STORY

テレワークの普及により、会社のPCにリモートデスクトップで接続して業務を行う企業も増えてきています。

ただ、リモートデスクトップを利用するには接続先のPCが起動している必要があり、不意に電源がオフとなってしまった場合などは、わざわざ会社に行って起動させなくてはなりません。

こんな時に、遠隔で会社のPCを起動させることができれば非常に便利ですよね。そのための技術として“Wake On LAN (ウェイクオンラン)”があります。

今回は、Wake On LANの概要からWindows10での設定方法、利用時の注意点について解説します。

Wake On LAN(WoL)とは?

ネットワークを通じてPCを起動する技術

Wake On LANはネットワークを通じてPCを起動するための技術です。頭文字を取って“WoL”と表記されることもあります。

もともとは企業などで大量に導入したPCをリモート管理するために利用されていましたが、最近ではテレワークの普及により、遠隔地からPCを起動させるための手段として注目されています。

Wake On LANの仕組み

Wake On LANは“マジックパケット”と呼ばれるネットワークパケットを対象のPCに送信することで、遠隔地からの起動を実現しています。PC側でマジックパケットを受信したら起動するように設定しておけば、ネットワークとしてつながっている範囲で起動できる仕組みです。

Wake On LANは “ソフトウェアWoL”と“ハードウェアWoL”に大別されます。ソフトウェアWoLは、Windows8以降に実装されたWindowsが制御するウェイクオンランであり、ハードウェアWoLはWindows とは関係なく、ハードウェアの仕組みとして実装されているものです。

大きな違いは、それぞれが復帰させられるPCの稼働状態にあります。“ソフトウェアWoL”の場合は、CPUの停止している休止状態(S4ステート)とスリープ状態(S3ステート)からの復帰が可能です。しかしながら、ソフトウェアWoLではシャットダウン状態からの復帰は出来ません。

一方で、“ハードウェアWoL”は、シャットダウンした状態(S5ステート)から復帰させる事が出来ます。そのため、リモートデスクトップを使用したテレワークでは、このハードウェアWoLの需要が高まっています。

Windows10搭載デバイスにおける両者の違いを簡単に表にまとめました。

ソフトウェアWoLハードウェアWoL
スリープ(S3)からの復帰×
休止状態(S4)からの復帰×
ハイブリッドシャットダウン(S4)からの復帰××
クラシックシャットダウン(S5)からの復帰×

Windows8以降、高速起動を実現するためにデフォルトではシャットダウンはハイブリッドシャットダウンとなっています。ハイブリッドシャットダウンは従来のシャットダウンと休止状態を合わせたものです。この場合、ソフトウェアWoLもハードウェアWoLも機能しなくなるため、Wake On LANを利用する際には無効にしなければいけません。

続きを読む

関連記事