STORY NEWS / STORY / リモートアクセスとは?仕組みや特徴を比較し実現する方法をわかりやすく解説!
2021.5.6

リモートアクセスとは?仕組みや特徴を比較し実現する方法をわかりやすく解説!

STORY

働き方改革や新型コロナウイルスの影響でリモートアクセスに注目が集まっています。テレワークやリモートワークを実現するための手段として存在するリモートアクセスですが、具体的にはどのような方法があるのでしょうか。

この記事では、リモートアクセスの概要からその種類や仕組みを紹介し、それぞれの特徴を比較しながら解説します。

リモートアクセスとは?

リモートアクセスは、自宅や外出先などの遠隔地から社内システムに接続することを表す言葉です。VPNやリモートデスクトップなどは、リモートアクセスを実現するための方法の一種です。

近年のICTの発達や働き方改革、新型コロナウイルスの感染拡大などが背景となり、リモートアクセスが注目されています。テレワークやリモートワークの実現のために必要な手段としてリモートアクセスが用いられるようになったためです。

リモートアクセスは遠隔地からでも社内と同等の環境で、時間や場所を選ばずに業務ができる環境を実現します。

企業でクラウドを利用することも一般的になっているいま、働く場所にとらわれないリモートアクセス環境の構築は企業における重要な課題の一つとなっています。

リモートアクセスを実現する方法とその仕組み

ここからは、リモートアクセスを実現する方法について、それぞれの概要や仕組みについて見ていきましょう。

VPN(Virtual Private Network)

VPNは仮想的な専用線を構築する技術であり、リモートアクセスの手段として近年多くの企業で利用されています。インターネットが発達する以前は、物理的な専用線によって遠隔地から社内ネットワークへの接続を確保していました。

しかし、現在ではインターネット速度が向上したことで、インターネット上に仮想的な専用線を構築するVPNが利用されるようになっています。VPNにはインターネット回線を利用する“インターネットVPN”と、通信事業者が独自に構築する閉域網を利用する“IP-VPN”に大別されます。

どちらの場合も“トンネリングとカプセル化”、“認証と暗号化”によって通信の安全性を確保している技術です。

続きを読む

関連記事