STORY NEWS / STORY / 経理のテレワークを実現するには? 課題と対策、導入のメリットを解説!
2021.6.9

経理のテレワークを実現するには? 課題と対策、導入のメリットを解説!

STORY

急速に進みつつあるテレワークによる新しい働き方。しかし、業務内容によってはテレワークの導入が難しい部門も存在します。

代表的な部門の一つが経理部門で、テレワークの導入ができていないという企業も多いのではないでしょうか。

この記事では、経理部門でテレワークを導入するうえでの課題や、テレワークを導入するために必要なこと、テレワーク導入のメリットについて解説します。

経理部門でもテレワークは実現できる?

経理部門は内勤のため、テレワークを導入しやすいように見えますが、実は導入のハードルが高い部門です。

請求代行サービスを運営するマネーフォワードケッサイ株式会社の調査(2020年4月調査)では、テレワークを週5日実施できている経理担当者は17%にとどまっていることがわかりました。

その理由としては、従来の紙文化による弊害とセキュリティ対策の問題が挙げられています。これらの課題に関してはのちほど詳しく解説しますが、テレワーク導入のハードルが高い経理部門であっても、ICTを活用すれば課題の解決は可能です。

続きを読む

関連記事

STORY

建設業でもテレワークは実施可能?実施における課題と対策方法とは

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
阿部ひろき ホワイトハッカー
STORY BYLINE

【阿部ひろき】テレワークの最新セキュリティ対策とは?ホワイトハッカーが語る“攻撃者”の視点と“エシカル”

阿部ひろき

阿部ひろき

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
武田義基 onetap
STORY INTERVIEW

【武田義基 onetap】ソフトウェアで企業の可能性を拡げ、“シクミ”化するミレニアル起業家

STORY NEWS編集部

STORY NEWS編集部

株式会社onetap 株式会社onetap
STORY

研究職もテレワーク導入できる? 解決すべき課題と対策方法

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社
STORY

設計部門でテレワークを導入するための課題と対策方法をわかりやすく解説!

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社