STORY NEWS / STORY / iPhone/iPadでも動画編集はできる!おすすめのアプリや注意点とは?
2021.5.27

iPhone/iPadでも動画編集はできる!おすすめのアプリや注意点とは?

STORY

今や動画編集が未経験でも、誰でも簡単に動画編集できるアプリやソフトウェアが登場しており、PCだけではなくiPhoneやiPadでも簡単に動画編集が行えます。

しかし、多くの動画編集アプリのなかからどのアプリを選択するべきか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhone/iPadで利用できるおすすめの動画編集アプリや、アプリの選び方と注意点、また動画編集をするなら併せて知っておくべきApple製のCPUチップ“M1”について紹介します。

iPhone/iPadの動画編集アプリの選び方

iPhone/iPadで利用可能な動画編集アプリのなかから、自分に適したアプリを選ぶポイントを解説します。

目的に合わせた機能の有無

まずは、iPhone/iPadを使って実現したい動画編集の機能を保有するアプリか確認することが重要です。

例えば、動画のカットや音楽の合成だけができれば良いのか、文字入れやモザイクなどのエフェクトを豊富に取り入れたいのかなど、どのような動画編集を行いたいかによって選択するアプリは異なります。

自身が作成したい動画のイメージを事前に持ち、それが実現できるアプリを選択しましょう。

作成可能な動画の尺(長さ)

動画編集アプリのなかには、無料で利用できるものも多く提供されていますが、動画の尺が限られている場合がほとんどです。

例えば、有料版は尺の制限がなく、無料版は5分までの動画しか作成できないアプリもあります。長尺の動画を作成したいと考えている場合は、有料プランの利用も検討しましょう。

また、無料版では使用する動画アプリのロゴ(ウォーターマーク)が編集後の動画に入ることがあるため、その有無も確認しておくと安心です。

アプリの知名度

候補のアプリのなかに知名度や人気が高いものがあれば、積極的に利用することをおすすめします。

知名度や人気の高いアプリは多くの利用者がいることから、アプリの操作方法や編集のコツなどの情報も豊富です。何かアプリに関して困ったときも、インターネットなどで解決策を見つけやすいため不便を感じることが少ないでしょう。

知名度や人気の低いアプリは開発が停止したり、バージョンアップなどが行われなくなったりする可能性も考えられます。知名度の高いアプリにはその心配がなく、長期間安定して利用できるメリットもあります。

続きを読む

関連記事

STORY

Chromebookでも動画編集は可能!? おすすめのアプリや知っておくべき注意点を解説!

スプラッシュトップ株式会社 スプラッシュトップ株式会社